• 2017/08/26 (Sat) moNolith

moNolith

2017/08/26 (Sat)

open:22:00
Entrance fee : DAY ¥2,500 / w/f ¥2,000


【MAIN FLOOR】
Guest DJ:
MINORU a.k.a. FUNKY GONG (MADSKIPPERS / IDPS)
TOMO HACHIGA (HYDRANT)

DJs:
TMAK (moNolith)
dj em (moNolith)
m.e.r (insideout)


【2nd FLOOR】
DJs:
M2
JUNICHI TOYA (bonsairecords)
TORU YAMAMOTO


【shop】
HAPPY PAINT


【Live Paint】
yocchi





MINORU a.k.a. FUNKY GONG (MADSKIPPERS/IDPS)

MINORU TSUNODA。1980年代より、オルタナティブロックバンドでヴォーカル兼ギタリストとして活躍。1998年、FUNKY GONGとしてのキャリアをスタート、FUJI ROCK FESを
はじめとする国内FESやPARTYに数多く出演。アジアを中心に海外での活動も精力的に行う。音楽性としてはTrance/Techno/House/RockをジャンルレスにMIXすることによる新しいFunk/
Psychedelic Dance Musicの表現を目指す。また、GuitarとDJを同時に演奏するなど、その革新的表現は幅広い層の支持を集めている。2010年4月、待望の1st Album”BLOW”をリリース。
全国20箇所以上に及ぶツアーを展開し、各地に旋風を巻き起こした。Remix workも積極的に行っており、近年ではIboga RecordsよりリリースされたAce Ventra,Symbolicの楽曲
”Prime Time Joujouka Remix”や、Perfect Stranger,Captain Hookの楽曲”Perfect Hook Joujouka Remix”などを発表した。また、イギリスのギタリストでGong/System7
で名高いSteve Hillegeとのコラボレーションも多岐にわたり、Funky Gongの楽曲のSystem7 Remixも発表しており、また、”Funky Gong”というタイトルの楽曲が2011年
リリースの彼等のアルバム”UP”に関連楽曲ということで収録された。2015年3月のTokyo/agehaではSystem 7のLiveにギタリストとして参加する等、交流を深めている。
そして2015年11月、待望の2nd Album “Beyond The Light” がリリースされる。様々な音楽的要素を融合したこの作品は、FUNKY GONGの世界観そのものだと言えるだろう。

http://www.funkygong.jp/





TOMO HACHIGA (HYDRANT)

東京都出身。1997年から音楽学校でSTUDIO WORKのイロハを学び、1998年CLUBシーン全盛期にTECHNO DJとしてデビュー。2003年7月にUNDERGROUND PARTY「融合-fusion-」を開始する。重厚で硬質な地下ミニマルテクノを好み、緻密に計算された独特のEQ使いでロングミックスを完成させる。基本スタイルは4ch,External。2008年1月よりSOLSTICE MUSICのRESIDENTS DJに就任。DJ RYO/ELECTRIOの前座として数々のBIGパーティーのオープニングアクトを務め上げた。近年では「NO BORDERS at warehouse702」にてHIDEO KOBAYASHIと共闘し、更には渋谷の老舗「module」で日本初開催された「CLR NIGHT in TOKYO」に全出演。また新鋭クリエイター集団「NEOTOKYO.LAB」に所属し、同レーベル主催のパーティーをニューベニュー「ORIGAMI」で開催。TRUNCATE、MARCEL FENGLER、DJ NOBU、TAKAAKI ITOHらを招聘。現在はテクノパーティー「HYDRANT」を不定期で開催。それに併せて同名のレーベルも進行中。トラックメーカーとしては様々なレーベルからREMIXも含め50タイトル以上をリリース。UNDERGROUND TECHNO MUSICを独自の目線で探求する孤高のダークミニマリストである。