• 5/3(THU) DJ: SHIN NISHIMURA

5/3(THU) DJ: SHIN NISHIMURA

Posted Date : 2012/04/03



Shin Nishimura (PLUS Records)

「何もないの状況なのは当たり前。だからポジティブに考えればいい」

ロンドン、上海とDJキャリアを積み、中国の政治的な動きや法律など様々な向かい風が吹き荒れる中、2000年、上海と北京にてテクノ・パーティー「PLUS」をスタート。現地にテクノを根付かせることに成功する。2001年にはドイツの最大のテクノ・ レイヴ「MAYDAY」に出演。翌年、日本でも「PLUS

TOKYO」をスタート。MIX CD “PLUS MIX VOL.3 Live in Shanghai” 、シングル “RHYTHMMACHINE” はどちらも好セールスを記録し、2004年にはセルフ・レーベル「PLUS RECORDS」を再スタートさせる。2005年4月には初のフル・アルバム”STAR☆LIGHT”を発表し、WIRE05に初のライブ・アクトでも出演。ライブ、DJの双方の出演はWIRE史上において石野卓球、Ken Ishiiに続く3人目となった。

「PLUS TOKYO」4周年に代官山AIRにてライブ・レコーディングしたMIX CD “MIX WITH A CHEER”、2007年には”VLOW”、そして2008年3枚目となるセルフ・フル・アルバム “IDENTITYPOLITICS”のオリジナル・ライブ・セットを「PLUS TOKYO」にてライブ・レコーディングし発表。また「TOK

TOK」(ドイツ)、「MEZZOTINTO」(フランス) からのリリースを皮切りにUK音楽雑誌「IDJ MAG」の「ベスト・テクノ・チューン」に選ばれ、全世界のミニマル部門チャートで6位を記録。Dubfire、Chris Liebing、Ken IshiiのDJチャートイン、John Digweed、Tiesto、Carl Cox等のトップDJのラジオ番組でプレイされるなど、世界の活動からも目が離せない。

2009年3月に北京の798で行われた大型テクノフェスティバルBeijing Music

Festival、4月にはスペインはマドリードの大型フェス「Klubbersday」、オランダはアムステルダムの「Awakenigs –

Japanese Night」に出演。5月にDubfireのレーベル「SCI+TEC」から自身の渾身のトラック”Frustration”をリリース。2010年5月、ヨーロッパ5ヶ国

(イギリス、オランダ、ドイツ、スペイン、マルタ)8都市の欧州ツアーを敢行。各都市様々なクラウドを盛り上げ大成功のツアーとなった。2011年6年ぶりに4回目となるWIRE11へ出演した。

世界各国の様々なレーベルからリリース、Remixのオファーが絶え間なく、

世界へ駆け巡るShin Nishimuraの4年振りのアルバム[MASH]を引き下げ、

4年ぶりのJAPAN TOURへと出発する!