• 5/24(SAT) GUEST DJ: DJ WADA

5/24(SAT) GUEST DJ: DJ WADA

Posted Date : 2014/04/16

DJ WADA
「あまりにも長くDJをやりすぎて、生活がDJになってしまった。DJ抜きの生活は考えられない」と80年代初頭の六本木の伝説のディスコ「キャステル」よりキャリアをスタートしたDJ WADA。30年近くになるそのキャリアが培った、一見しただけでは説明できないほど複雑なEQ、フェーダーさばき…そんな正確無比なテクニックを持ち日々ダンス・フロアを操ってきた彼は、筋金入りのクラブ・フリークからも熱く支持されるDJである。また盟友Heigo TaniとのユニットではCo-Fusion/Atom名義で4枚以上のアルバムをリリース。アナログで発表した作品は20タイトルを超える。また、国内外の大型パーティにも多数出演を重ね、日本のテクノの歴史を語る上で欠かすことのできないイベントにも数多く出演。世界基準の音楽性やスキルは海外でも注目を集め、多数の海外レーベルからの作品もリリースし第一線のアーティストに全くひけをとらないクリエイティビティを発揮し、ヨーロッパ、アジア、アメリカなどへの遠征を重ね10カ国以上でのプレイを果たしてきた。‘05年にクローズした伝説のクラブMANIAC LOVEでは12年間毎週土曜のレジデントDJを務め、その安定した人気と良質なテクノのレギュラーパーティー「Cycle」の名を知らしめ、英「MUZIK」誌におい彼のパーティー「Cycle」およびMANIAC LOVEが世界のベスト・クラブに選ばれるなど、そのプレイを聴いた多くのパーティーフリークが彼のDJのファンとなり、さらに多くのDJ達も彼の影響を受けたと公言する、まさに日本が誇るDJの一人である。
’08年にはキャリア初となるソロ・アルバム「Final Resolution」をリリース。’09年には新しいミックスを追加し、ドイツの老舗レーベルHarthouseよりリリース。そして’09年にはアルバム「ONE」をドロップ、現在に至まで国内外のレーベルよりデジタルやアナログでのリリースを勢力的に行ってきている。そして今年2014年4月に自身のアナログレーベル『DIRETTA』をスタート、第一シングルを世界発売した。飽くなき探究心により今もなお最先端を走るDJの一人である。